東京駅 カウンセリング 心理ナビゲーター 自分再発見 色彩心理 コミュニケーション力アップ

水の大切さを実感しました・・・

水の大切さを実感しました・・・

おはようございます。

カラーリスト&コミュニケーションカウンセラーの斎藤せい子です。

昨日まで盛岡の実家におりまして、

大勢の親戚が集まるので

自分のペースで過ごせなかったり

毎晩のようにお酒を飲むし

当然美容にも健康にもあまりよろしくありませんダウン

中でも今回一番感じたのはお水のことビックリマーク

むかしむかし、最初に東京(に近い千葉)に来た時

塩素臭さで水道の水が飲めなくなりました。

しかも顔にはそれまでほとんどできたことのないにきびが

大量に発生。

環境の変化もあったのだとは思いますが

私は今でも「水が合わなかったんだ」と思っています。

それから水道水は直接飲まない

飲むときは必ず沸かして・・・としていたのですが

沸騰前後が発癌性物質の濃度が一番高くなると聞いて

怖くなりました。

20年ほど前からキッチンの水を、

10年ほど前からはお風呂の水もすべて

浄水器を使っています。

私が使っているのはシーガルフォー。

魅力は浄水器を通しても水量が豊富なこと。

シャワーやお風呂の水から塩素がなくなったことで

肌も髪も乾燥してパサパサ・カサカサだったのが

なくなりました。

でも昔はきれいでおいしかったはずの実家の水も

水源が汚れたり、水道管が古かったりで

今ではずいぶん塩素が入ってたり、さび臭かったり。

一週間位でくすみが増して、毛穴が開いた気がします汗

今日からしばらくはいつもよりお手入れに気を使わなければ

いけなくなりそうです。

コメント

  • 私も


    東京に出ていた当初は、顔を洗う度肌荒れしていました・・・。水が合わないと私も思いました。
    お風呂のお水やお湯(シャワー)も、
    沸騰と同じなのですか?
    それだったら、私も変えなきゃです。汗


  • Re:私も


    >rencontreさん
    コメントありがとうございます。
    10年ほど前にアメリカの浄水器メーカーの日本総代理店に勤めていた時期があって、勉強したところによると、沸かすと塩素は次第に湯気となって抜けていくので、湯気に大量の塩素が入っています。
    できるだけ、それを吸ったり浴びたりしないほうがいいと思いますよ。




認証コード3491

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional