東京駅 カウンセリング 心理ナビゲーター 自分再発見 色彩心理 コミュニケーション力アップ

痛みと快楽

痛みと快楽

昨日は台風並みの雨と風でしたね。
ここから、急速に春になりそうな気配。花粉症も本格化しそうです。

さて、今日は1月末に行った性格別目標設定セミナーの補足をお送りします。

で「痛みと快楽」というタイトルですが、人間が行動するときの心理は
結局「痛みをさける」と「快楽を得る」の2種類に大別されるという説に基づいています。

人間は意識しているしていないにかかわらず、苦痛を避けて快楽を得ようとする
ものなのです。

という事は、単純に考えれば目標を立てる時に痛みか快楽を結び付けてやれば
行動できるという事になります。

ところがその人の性格によって、ご褒美(快楽)を結び付けた方が目標達成しやすいか
罰(痛み)を結び付けた方が目標達成しやすいか、両方バランスよく考えた方がいいなどが
変わるんです。

罰(痛み)と結びつけるというと、ちょっとわかりにくいですね。

要するに、目標達成できたらどんな良い事があるかと考えた方が頑張れる人と
目標達成できなかったらどんな大変な事になるかと考えた方が頑張れる人とが
いるのです。

例えばダイエット、「3か月で5キロ痩せる!!」って女性はたびたび決心します。
でも、高い確率で挫折します(残念ながら・・・)

では、漠然と考えるのではなくて、
具体的に痩せたらどうするとか痩せなかったらどうなる?
というところまで考えてみましょう。

痩せたらキレイな洋服を着られるとかモテるようになるとか
さらにご褒美で買うものまで想像する方がやる気がでますか?

反対に、このまま太り続けたらお気に入りの洋服も着られなくなって、恋人にもフラれて
病気になったりするかも・・・と最悪の想像をした方が頑張らなきゃと思いますか?

または、ダイエットしたときのメリットとダイエットできなかったときのデメリットとを
両方考えて箇条書きや表を作って納得したら行動に移せますか?

自分に向いている方法でやる気を持続させていくのが、成果を出すための
要素の一つですよ。

コメント


認証コード8728

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional