東京駅 カウンセリング 心理ナビゲーター 自分再発見 色彩心理 コミュニケーション力アップ

心を整える

心を整える

気持ちと行動を変えるカウンセラー、斎藤せい子です。

ゴールデンウイークも終わりましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?

私はこのところ、断続的に偏頭痛に悩まされています。
もともと頭痛持ちで市販薬は効かなくなったので病院で専用薬をもらっています。

ここ何年かほとんど薬を飲まずに済んでいたのですが、最近ひどくなってきました。
健康診断は問題ないので特に深刻な病気があるわけではない(はず)

理由として考えられるのは、去年から急激に視力が落ちていること
歯の噛み合わせが悪くなったこと
そして・・・更年期?!

どれも加齢による現象なので、受け入れて上手くやっていくしかないですね。

もう一つ、春は気温や気圧の変化で自立神経に乱れが生じて
体調も、精神的にも、不安定になりがちなのです。

何が、どこが悪いのかわからないけど不調を感じる
いわゆる「もやもや」した状態です。

そんな時にこそ、いつも以上に「心を整える」ことが必要。

ときどき「せい子さんと会うと心が整うんです!!」という嬉しい言葉をいただきます。

誰でも動揺したり、パニックになったり、どうしていいかわからないという経験
一度や二度はありますよね。

時間が解決することもありますし、身近な人に相談して解決することも多いと思います。

でも、誰にも言えないとか、言っても分かってもらえないとか
もやもやの理由が自分でもわからないから話せないなど
どうしていいかわからない状態が続いたり、
頻繁にパニックになることが続くと、心がつらくなっていくんです。

そんなときには矛盾した感情だったり、
相手がいる場合にはその人との関係性だったりを
いろいろとひも解いて整理していきます。

ある人はごちゃごちゃになっている気持ちが分類されて
それぞれの箱にきれいに入れられた感じと表現しました。

別の人はそれぞれの気持ちにインデックスを付けてファイリングする感じと表現しました。

整理の仕方も人それぞれですね。

さて、その整理の最初のステップになるのは、自分の本当の想いを知る事なんです。

「自分がどう思ってるかなんてわかってるでしょ、普通」という声が聞こえてきそうですが
実はそんなに簡単じゃないんです。

それは、素直な感情を出すことに罪悪感を感じて、感情がマヒしてしまっていたり
「恐い時に怒る」「腹が立っているのにニコニコする」「悲しいとイライラする」なと゛
代替感情というものを使っていることもあるからです。

そこで、自分の素直な感情を知るのに有効なのが色を使う事。

色には言葉にできないけれど心に持っている
感情を表す働きがあるのです。

もやもやした感情を表すのにびったりなカラーセラピーの体験セミナーを開催します。

カラードロップやカラーカードを使って
今の自分の気持ちがどんな風に表現されるか。

綺麗な色を選ぶだけで、こんなにいろんなことが分かるの?!
と楽しみながら驚く体験になりますよ。

詳しい内容はこちらから

コメント


認証コード4003

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional